ご予算の目安となる1000万円台規格プランの紹介させていただきます

「予算内で収まるのか?予算内でどこまで可能なのか?」

そんな不安をお持ちの方に、都築建築をご検討いただくための一つの材料として規格プランをご紹介いたします。

 

都築建築では、お客様のご要望を最大限に叶えられるよう、打合せ回数等を制限しないフルオーダーメイドの注文住宅を基本としております。

そのため、断熱材や素材の選択など、それぞれの仕様が異なりますので、坪単価表示ではバラツキが出てしまいます。

 

そこで、1000万円台という条件をもとに、以下の3つのテーマに沿った規格型住宅を提案させていただきました。

価格の目安とともに、弊社の提案力、デザイン力などを含めてご検討いただければと思います。

尚、仕様等の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 


 

1.【ミニマルスケールコンセプト】

「快適性を兼ね備えた省エネ」は家のサイズに比例する=小さく造って大きく豊かに住まう。

2.【空間にライフデザインの導線がある家づくり】

春夏秋冬、季節が廻るように、家族にとっての幸せの収穫があり、いつまでも稔り続ける家。

夫婦という主役を設定することで子育てから子巣立てへとつながる。

3.【可愛らしさとカッコよさの2つの表現】

シンプルで柔らかいスタイル(外観はやや女性的)と、立体感のある堂々としたスタイル(外観はやや男性的)のパターンにも対応できる。

1000万円台(税込)で建てる規格プラン

《 シンプルで柔らかなスタイル 》
  • シンプルで飽きのこない、コンパクトながらもエレガントなファサード
  • 1Fは縦方向に抜けのある土間を中心としたプラン。外で汚れてきても、すぐにバス洗面で洗い流せる。
  • 土間は多目的に活用でき、アウトドア、自転車などのギアを置くことや、大型犬も飼うことができる。
  • 1Fのフリースペースは、間仕切ることで2人分の子供部屋とすることも可。または、土間を介することでプライベート空間との境ができ、在宅オフィスなどのオフィシャルな場としての活用も可。
  • 2Fの使い方も多様性を重視。1Fに寝室を設定すれば、2Fの個室をオープンに活用し、広いリビングとして使うこともできる。
  • バルコニーは洗濯物をなるべく外に見せないよう、プライバシーを尊重。
Plan by Momoko Toya

1000万円台(税込)で建てる規格プラン

《 立体感のある堂々としたスタイル 》
1000万円台(税込)で建てる都築建築オリジナル規格プラン
  • 単なる箱型デザインではなく、彫りの深い存在感のあるファサード。
  • 1Fはコンパクトサイズながらも、窓を開放すれば、ウッドデッキとリビングダイニングが一体化する構成。外空間を取り込むことで、開放的で心地よい住空間に。
  • 2Fには南、東面の2方向にバルコニーが面した朝日が差し込む主寝室。外につながる開放感と独立性の高い配置により、質の高い睡眠が得られる空間に。
  • ウォークインクローゼットの左右に子供部屋を振り分けるプラン。子供部屋の個室収納を無くして、共用ファミリークローゼットとして活用することも可。
  • 2Fは収納エリアを書斎として変更し、子供部屋の一つを収納スペースとして使うなど、家族構成や住み方に合わせた組み換えが可能。
Plan by Daisuke Tuzuki